フォーマルでもカジュアルでも扱いやすいとされるYシャツ。
日本では白色が一般的ですが白以外のカラーも海外では日常的に扱われているんです。
今回はそうした白以外のカラーのYシャツをコーデで扱った場合、どんな着こなしをすれば良いのか、
各点をまとめてみました。

日本において、Yシャツのカラーリングで一般的に扱われるのは白色ですが
海外では白だけではなく青、赤、緑などのカラーも、コーデに採用されることが多いです。
これは海外ではこうした色合いが風土と結びつき馴染みやすいことと、日本とは違い
、黒色だけでなく白色ジャケットなども扱うことが関係しています。

海外ではこのようなカラーのYシャツは日常アイテムとして昇華されているので、
日本よりもカジュアルシーンで見かけやすく、着こなしも多彩です。

そんな白以外のカラーのYシャツでコーデする時に気をつけたいのは他アイテムとの色の兼合い。
基本的にジャケットを着用する場合はYシャツ合わせたカラーにするのがベターとされています。
ジャケットを着用しない場合でもネクタイのカラーとの兼ね合いを考えなくてはいけません。
中にTシャツを着る際などには、目立つためにオリジナルTシャツ プリントを着るのもおすすめ。

加えて、カラーがついたことで白色Yシャツでは目立たなかった、
ボタンなど細部に、目が向きやすくなっていることも
見逃せないポイントです。
白色ではないYシャツは汚れはもちろん、ほつれ、皺などが非常に目立つので特に注意してくださいね。

上記の理由からコーデの際は白色同様に清潔さをまず第一に考える必要があります。